鍼灸

 

鍼灸とは中国で作られた治療方法の一つです。日本をはじめ、世界でも鍼灸治療の効果は認めらており、大変注目されています。


鍼灸治療は、西洋医学と異なる考え方・治し方があります。それは、痛みの根本から体質を改善さることで、本来の原因を解消することを目的として行われている治療方法です。

東洋医学に関しては、病気や体の不調が起きる原因は、「病気そのものではない」という考え方をします。

 

鍼治施術を受けることによって、血液の流れや気の流れを良くし免疫力をアップさせることができます。体のエネルギーの流れを良くし崩れてしまったバランスを整えることで、身体の根本から症状を改善されることが出来ます。また、鍼治療の魅力の一つとして即効性があることも知られております。スポーツの現場などにも活用でき、当院でも, 捻挫などの急性症状には鍼を使用することが多いです。

 

当院では伝統医学と現代医学の視点を併用し、誤診の無いように注意しています。

 

鍼はディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)のステンレス鍼を使用しており、感染症等の心配もありません。衛生的にも徹底した管理を行っておりますので、初めて鍼を体感するという方には特にお勧めです。

 

お灸は、もぐさを使って経穴(ツボ)に熱刺激を加えていく手法です。

もぐさの大きさは糸状のもの、米粒大の細いものから小指大のものまで様々ですが、現在では、あまり熱い刺激を好む人は少なったため、改良されていきました。

 

鍼灸は特に急性症状に効果が期待できます。

手技では限界のある深部の筋肉にアプローチできるため、長引く症状や、すぐ元に戻ってしまってなかなか改善されない、という方にはお勧めです。鍼一本さえあれば、どんな場所でも施術ができる鍼治療。トレーナー活動に力を入れている当院では、学生アスリートの利用も多いため、スポーツ現場でのケガの治療には鍼が大活躍します!

また、「寝つきが悪い」「朝起きてもすっきりしない」というような、不定愁訴にも効果が期待できます。当院で治療を受けている患者様からもご相談の多い悩みです。不定愁訴で悩む患者様は働き盛りの20代~40代、そして加齢に伴い身体の不調を訴える50代~の方々と、幅広い世代の悩みの種となっています。身体の調子を整えて、毎日の生活を見直していきましょう。

 

 

鍼灸の科学的研究は各地の医療機関・医科大学等で進められており、論文が発表されています。

 

ゲートコントロール

針刺激が脊髄において痛みを抑制する。エンドルフィン針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。末梢神経の遮断効果針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。血液循環の改善筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。

 

総合的には、【鍼灸刺激】が「自律神経系・内分泌系・免疫系等に作用」することで、「中枢性及び反射性の筋緊張の緩和」「血液及びリンパ液循環の改善等の作用」があると言われています。

鍼灸は古くて新しい代替療法です。