整骨院

 

「整骨院・接骨院って、実際何をするんだろう?  バキバキされて痛いのかなぁ?」

と思ってる方が大勢いるのではないでしょうか。

整骨院と接骨院は同じです。 どちらも柔道整復師の施術所ことをいってます。

 

整骨院・接骨院の先生は柔道整復師という国家資格者です。

柔道整復師に与えられた業務範囲は、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷及び筋腱軟部組織の施術です。
いわば、運動器のエキスパートですね。 

 

厚生労働大臣認可の専門学校・大学で専門知識を身につけ、卒業時に国家試験の受験資格が与えられます。
よって国家資格に合格した者のみが、柔道整復師を名乗り施術することができます。 

 

整骨院は国家資格者ですが、整体院は実ははっきりした資格がありません。
よって整体院は保険が使えませんし、施術にも制限があります。
痛みがある所を、ひたすら揉んだり、歪んでいるからと言って無理矢理「バキバキ」 鳴らしたり、カイロプラクティックのような事をする所もあるのではないでしょうか。
ですから、整体で痛めたという方が整骨院に来院されるケースは多々見受けられます。

 

ただ、国家資格者であっても整骨院の先生は医師ではありません。 

よって、レントゲン検査、手術、投薬を行えません。
これを行うと医師法に違反してしまうのです。 

 

それでは、何ができるのか

整骨院は人間にある自然治癒力を最大限に生かして患者さまと共に痛みを治癒していく所です。
よって、その時々によって施術方法も変わってきます。

※ 整骨院は捻挫したのに、ただレントゲンとシップだけで

「様子を見て」

とは言いません。
その症状によって、固定、アイシング、適切施術を行います。