ぎっくり腰

 

 

 

ぎっくり腰は、重いものを持ち上げたり、無理な姿勢で作業をした時に起こりやすいケガです。人によっては、うがいをしたり、洗顔をしようと前かがみになっただけでもぎっくり腰になってしまいます。

突然腰に大きな衝撃が走りつらい痛みが出てきます。ぎっくり腰を発症すると強い痛みにより、素早い動きどころか、重症だと一人で立ち上がることもできなくなってしまいます。しばらくの間は身動きが取れなくなってしまうことも少なくありません。

鍼灸院整骨院・整体院では、ぎっくり腰の痛みを素早く取り除き、しっかりと原因部分から改善させる専門治療をおこなっております。

 

ぎっくり腰になったら・・・

 

まずは痛みの出ない姿勢で患部を冷やして来院ください。

来院される前に独自の判断で、「血流を良くすれば早く治るのでは」と患部を温めてしまうと症状を悪化させてしまう場合があります。

 

 

痛みが落ち着くまでの期間の目安 

 

・ぎっくり腰発症後すぐに施術を受けた場合・・・約3日

・ぎっくり腰発症後そのままにした場合・・・約2週間

 

※損傷の程度や回復力によって変動します。

 

 

ぎっくり腰は、重いものを持ったり、腰を強くひねったりする動作をきっかけに突然発症するイメージがあるでしょう。
しかし、日々の生活で蓄積された腰へのストレスにより腰の働きが弱まり、ある日突然ストレスに腰が耐えられなくなって痛みとして現れるのです。

 

さらにギックリ腰を繰り返しているうちに、椎間板ヘルニアになる人もいます。

 

 

慢性腰痛を抱えているという方は、お早めに改善しておきましょう。ぎっくり腰を発症させない健康な体に整えておく治療が大切です。 

 

ぎっくり腰は、お身体の状態によって適正な治療方法が異なります。ぎっくり腰の急性炎症の時期には、まずは炎症を鎮めるという治療が重要で、安静を必要とします。ある程度炎症が治まったら、身体を動かせるようになりますので全身の骨格のゆがみを矯正、そしてストレッチなどの運動療法も効果的になります。

 

何度もぎっくり腰を経験している方の中には、

 

・「仕事で腰に負担がかかりやすいからぎっくり腰が起きるのは仕方がない」

・「ヘルニアを過去に経験しているから、ぎっくり腰になりやすい」

・「施術を受けた後は楽だがどうせまた、ぎっくり腰になるだろう」

 

 

と勘違いされている方がいらっしゃいます。

ぎっくり腰はしっかり根本から改善すると発症を防ぐことが出来ます。ぎっくり腰になりやすい腰の状態の理解、日常生活の腰への負担を減らすぎっくり腰予防の体操を行うことが大切です。歳を重ねるごとに回復力が落ちていきます。今すぐに改善しましょう。